奥伊勢の煎茶(やぶきた)100g<煎茶>

奥伊勢の煎茶(やぶきた)100g<煎茶>
清流沿いに開けた茶畑
奥伊勢の煎茶(やぶきた)100g<煎茶>
無農薬・腐葉土で育った<やぶきた茶>
奥伊勢の煎茶(やぶきた)100g<煎茶>
すっきりとした爽やかさが特徴

清流が流れる奥伊勢で育ったやぶきた煎茶。のど越し良く、爽やか。水出しも美味しい。

‟伊勢の国” と呼ばれていた三重県は、銘茶「伊勢茶」の歴史ある茶産地で、現在も全国で第3番目の茶産地です。中でも大台町のお茶は「大台茶」と呼ばれ、伊勢神宮にも奉納された伝統あるお茶処です。

大台町は、清流で有名な ‟宮川” が町内を横断し、中流域は茶畑・田んぼが広がる農村地域ですが、町土の約90%以上を森林が占めています。

清流の霧立つ大台町のお茶は、葉肉が厚くコクがあります。             当店ではこの地ならではの在来種のお茶と、品種茶(やぶきた)のお茶を2種類ご用意しました。

1つは、宮川沿いに開けた小切畑地区の畑を中心としたやぶきた品種のお茶です。作り手の成田さんは、ご自身が心おきなく、好みのお茶がたっぷり飲めるように、とお茶作りを始めました。もともと無農薬栽培でスタートしましたが、今年の茶葉は肥料とした与えていた腐葉土も控え、出来るだけ茶の木の自然の成長を見守ったとのこと。日当たりのよい畑のお茶ですが、今年は、一層、すっきりとした爽やかな味わいになりました。飽きのこない日常のお茶として、日本茶ならではの爽やかな渋みがお好みの方におすすめいたします。

<淹れ方の一例>
急須の底が隠れる程度の茶葉を入れ、少し湯冷ましした熱湯を注ぎ、茶葉が開くまでゆっくりと待ってから注いで下さい。

じっくり水出しの冷茶もおすすめです。

三重県

価格:1,080円
完売
| ホーム |

カートの中身

商品検索

Copyright c 2005 清水茶寮. all rights reserved.