阿蘇の農園 煎茶100g<煎茶>

阿蘇の農園 煎茶100g<煎茶>
バイオダイナミック農法による煎茶
バイオダイナミック農法で元気に育った茶木の、こくがあるけれどすっきりとした、飽きのこない煎茶です。

日本で初め有機農法の1つ “バイオダイナミック農法”(BD農法)を始めた「ぽっこわぱ耕文舎」で作られた、浅蒸し製法の煎茶です。

農場は熊本県阿蘇の中間山間地にあります。農場は働き手の大人たち、その子供たち、日本や海外から集まる研修生たち、可愛い動物たち、といつもたくさんの人と動物とで農場は豊かで、にぎやかです。

BD農法は無農薬・無化学肥料、無除草剤、堆肥で土壌づくりをします。

お茶畑もこの農法に準じた土壌で育っています。煎茶は雑味がなくすっきりとしていますが、こくがあるので、程よい余韻が爽やかなに後口に残ります。しつこさがないので、胸のつかえもなく、食事時にも、お茶の時間にもいつでも日常のお茶として楽しめます。

※H27年4月の熊本県地震の際に、お茶の製造に利用されていた工場が被害を受けてしまい、その後、別の製茶工場を頼らざるを得ない状況となりました。収穫の度に2トントラックを借りて(有機ラインをもっている)加工所に運び荒茶に仕上げ、その後、また別の(有機ラインをもっている)製茶工場に運び、仕上げの製茶をし、その後袋詰めを依頼をして仕上げています。

各工場の加工賃等、毎年の値上がりが続き、今年も値上げせざるおえない状況です。BD農法は、人への収穫も生み出しますが、大地を元気にもどす農法の1つと考えております。この農法のお茶の美味しさと状況をご理解頂き、従来より価格があがりましたが、ご了解下さいますようお願い致します。

<淹れ方の一例>
温めた急須の底が隠れる程度の茶葉を入れ、少し湯冷ましたした熱湯を注いでゆっくり置いてから注いで下さい。

産地 熊本県


価格:1,600円
在庫あり
注文数:
| ホーム |

カートの中身

商品検索

Copyright c 2005 清水茶寮. all rights reserved.